ホーム > よくある質問
ニュース&イベント
組織
会員情報
FDT技術
認証
製品カタログ
ドキュメント
お問い合わせ

よくあるご質問

FDT Basics

FDT Benefits

The FDT Group

回答

FDT Basics

FDTとは何でしょうか?

FDTは、Field Device Toolの略であり、フィールド機器の接続や設定のための技術です。
FDTは、ベンダーに依存しない、オープンな標準として創設されました。
機器メーカーは、個々のデバイスにDevice Type Manager (DTM)と呼ばれるソフトウェアを提供します。
FDT対応ソフトウェア、いわゆるフレームアプリケーションはDTMを通してフィードバス経由で各フィールド機器と通信することができます。
機器の設定とデータへのアクセスは、非常に簡単にできます。
フレームアプリケーションを使って、工場内のプロセス情報にリアルタイムにアクセスでき、また工場や設備、アプリケーションのライフサイクルを通して情報を入手することが可能です
このツールは、エンジニアリングから設置、立ち上げ、生産、メンテナンスまでプラントのライフサイクルの全ての段階をサポートしています。

どのような企業がFDTを支援していますか?

現在FDTは次の メンバ ーで構成されています。
ご覧いただいたメンバー以外にもFDTを利用している企業は多数あります。

FDTの役割は?

FDTはフィールド機器とエンジニアリング、オートメーションプラントやアプリケーション用のツール群との通信を標準化しています。ツール群には例えば、エンジニアリングツール、生産管理ツール、保守管理ツール、資産管理最適化ツールがあります。
FDTは、実際にどのようにはたらくのでしょうか?
機器メーカーは、Device Type Manger (DTM)と呼ばれるソフトウェアドライバをそれぞれの機器ごと、あるいは機器グループごとに開発します。
例えて言うと、DTMはパソコンで使うプリンタドライバのようなものです。
通信へ直接アクセスしないデバイスクラスのDTMは、デバイスDTMと呼ばれています。
デバイスDTMは、すべての機器固有のデータ、機能、または動作ルールを持っています。
DTMは機器パラメータを設定するシンプルなグラフィカル・ユーザーインターフェースから、高度に洗練されたアプリケーションまで対応できます。例えば診断や保守に必要な複雑な演算を実行したり、機器校正時の複雑なビジネスロジックを自由に実装することも可能です。
デバイスDTMは、機器メーカーによって供給され、すべての機器に必ず一つなければなりませんが、その実装内容は第三者にはアクセスできないので、メーカーのノウハウは保護されます。
通信基幹に直接アクセスして機器を特定のフィールドバスに接続させるDTMを通信DTMと呼んでいます。
通信DTMは、全ての通信特有の機能を持っています。
ホストシステムのエンジニアリング環境には、FDTという『コンテナ』が存在し、このFDTがホストアプリケーション(FDTでいう「フレームアプリケーション」)と「デバイスドライバ」(DTM)間の一連のインターフェースを定義しています。
フレームアプリケーションとしては、機器設定ツールや、制御システムエンジニアリングツール、オペレータコンソール、資産管理ツールがあげられます。
FDTはDTMを起動し、機器をシステムエンジニアリング及び運転環境に一様に接続します。

FDTがユーザーにもたらす利益

ユーザーは、あらゆるオートメーションシステムと機器を接続する、単一の標準インターフェースを求めており、機器メーカーや通信プロトコルに関係なく、アプリケーションが必要とする最適な機器を自由に選択したいのではないでしょうか。 ユーザーはこの「オープン」なインターフェースを、もっとも複雑な機器も含めた最新のフィールド機器から得られる豊富な情報へアクセスするために必要としています。また、特殊なアプリケーションでは、ライフサイクルを通して機器をサポートし、エンジニアリング、運転、監視、校正、診断、保守、監査証跡を可能にしなければなりません。 エンジニアリング及び機器設定情報は、標準のグラフィックインターフェースに表示され、それにともなうツールは、容易に習得でき、取り扱いも簡単でなければなりません。 また、オートメーションへの投資を将来にわたって十分に保護するために、いかなるソリューションも最新の通信及び情報技術とともに進化していく必要があります。

FDTがオートメーションメーカーにもたらす利益

オートメーションメーカーは、ホストシステムやフィールド機器の多様な環境に合わせて、それぞれの組み合わせごとにインターフェースをカスタカスタマイズする必要があり、そのために多額の開発費用の負担に直面しています。
メーカーは、インテグレーションの問題よりも、むしろユーザーに利益をもたらす高度で差別化された機能への投資を行いたいのです。
このためFDTは、全ての準拠するシステムと機器に標準インターフェースを提供し、自動化システムや単独のツールでも使用されています。
DTMは既存のDD(Device Description)のように機器ごとに一つ用意すればよいので(ホストシステムごとに別々に用意する必要はありません)、サプライヤの投資を抑えることができます。
さらにこの技術は将来のプラットフォーム開発(例えばCOMから.NETへの進化)にあわせて進歩していくことができます。

プラント内のオペレーティングシステムが変わったら、どうなりますか?

FDTフレームアプリケーションとDTMはプログラムなので、他のソフトウェアと同様に新しいシステム環境に再インストールするだけです。(Office 97は、Windows XPでも作動します。)
デバイスDTMと通信DTMは共に、オペレーティングシステムのデバイスドライバに相当するわけではないので、コンピュータに組み込まれるハードウェアに依存しません。
フィールド機器と通信を行うコンピュータハードウェアについては(例えばPROFIBUSカード)、状況によっては新しいシステムドライバが必要となりますが、新しいDTMを必要とするわけではありません。
システムドライバを使用する通信ドライバもありますが、OPC通信ドライバと同様、オペレーティングシステムの影響を受けることはありません。
すべてのデータベースと機器設定にアクセス可能であり、データや設定条件はFDTフレームアプリケーションに保存されます。

もし、マイクロソフトがプラントシステムで使われているCOMのようなテクノロジーを取り止めたら、どうなりますか?

ハードウェア、ソフトウェア及びデバイス技術は、工場やプラントで単独のユニットを形成します。もし、何も変わらなければ、何も起こりません。
オペレーティングシステムの更なる開発において、既存の技術は、開発されることはほとんどありませんが、オペレーティングシステムによってサポートされます。
これまでマイクロソフトは歴代の開発をないがしろにせず、常に上位互換性を提供してきました。
DOSソフトウェアは、もしBIOS(基本入出力システム)インターフェースに純粋にしたがっていれば、現在でもDOSボックス内で起動します。
BIOS割り込み呼び出しで可動するDOSソフトウェアは、開発時には知られていなかったファイル形式でさえ利用することができるのです。
また、ノートン・コマンダーは、NTFSファイル形式にアクセスすることができ、Word 3.0で作られたドキュメントはWindows XPで開くことができます。
マイクロソフトは、これまでもずっとマイグレーション戦略を進めてきました。
マイグレーション戦略は、例えばWordの文書フォーマットやファイル形式(FAT32/NTFS)に用いられています。
バージョンアップを行う際は、変換プログラムが利用できます。
マイクロソフトは、常に内部のインターフェース技術に上位互換性を持たせてきたのです。(例:DDE、OLE、COM)

オペレーティングシステム、制御システム、フレームアプリケーション、およびDTM間の機能的な関係はどのように記述され、認証されているのでしょうか?

DTM認証は、そのDTMがFDT技術に関してすべての互換性を持っていることを証明するのに必要不可欠なものです。また、ユーザーにそのDTMがFDT標準に厳密に準拠していることを保証します。
DTMがdtmINSPECTORというDTMを検査するソフトウェアのテストに合格すると認証が発行されます。
このソフトウェアは、DTMの動作や機能面での標準からの逸脱をすべて記録します。そしてFDTグループはエラーなしに検査に合格したDTMのみに認証を発行します。
フレームアプリケーションでも同様のことが行われます。フレームアプリケーションは、独立したWindowsプログラムの場合や、制御システムや資産管理システムに統合される場合もありますが、オペレーティングシステムにおいて、フレームアプリケーションはWindows準拠のアプリケーションとしてインストールされます。

フィールド機器の均一なユーザーインタフェースと操作方法はどのように保証されていますか?

FDTグループでは、「スタイルガイド」というプロジェクトグループが、均一なユーザーインタフェースと操作方法の標準化に取り組んでいます。
例えばNAMUR AK2.6Fieldbusのような必要条件は、ユーザーにより策定され、FDTスタイルガイドの基礎となっています。スタイルガイドは、多言語の専門用語を含み、DTM認証の一部となっています。

FDT Benefits

どのようにフィールド機器へDTMを入手できるのでしょうか?

機器メーカーが各々の機器や機器グループごとにDTMを開発し、機器とともに供給されます。

フィールド機器メーカーとしてDTMを開発したいと思っていますが、アドバイスをお願いします。どのように自社製品にDTMを導入できますか?

既存DDがあれば、DTMの構築に利用できます。DTM開発にかかる労力は、機器の機能の複雑さにより異なります。単純なDTMは、既存のDDとジェネリックなDTMから容易に構築することができます。
より複雑な機器のDTMの構築には、より多くの労力が要求されます。多くの会社が、DTMの開発をサポートするために、ツール、サポート相談、専門技術、その他のリソースの提供をしています。それらの会社はすべてFDTグループのメンバーであり、どなたでも直接またはコンタクトフォームから連絡をとることができます。

DTMは無償ですか?

DTMの基本的な機能は無償で、全機能を使用する際には有償にしている会社もあります。例:DTMの印刷とデータ保存機能以外は無償、これらの機能を使用する場合は有償、など。

The FDT Group

FDTグループの目標

非営利であるFDTグループは、FDT/DTM技術の普及をサポートする国際的なオートメーション会社の提携団体です。グループの使命は、オートメーション産業でFDTの認知及び使用を促進することです。これは明確な長期目標です。

FDTグループの会員になるには、どうしたらいいでしょうか?

FDT技術は、使用をご希望される全ての企業様でご利用いただけます。会員には、様々な種類やレベルがあります。詳しい情報に関しましては、コンタクトフォームにご記入のうえ、FDTグループまでご連絡ください。

FDTグループへ問い合わせしたい場合には、どうしたらいいでしょうか?

FDTグループへのご連絡は、お問い合わせフォームまで。